5月23日 D-day

5月17日   15:30  24時間ホルター検査用のパッチと機械を上半身につける
18日  15:34  機械外し
23日   結果を先生と見て、2年前の結果と比較
機械をつけている間の目立った活動を紙に記録するように言われてたんだけど、それと波形を照らし合わせてみると素人の私が見ても明らかに波形が激しく波打っていた箇所がありました。
特にチャリに乗っていた時。しかも平らな道で大してハアハアした覚えがない時に。。。
そんなんで150叩くって・・明らかにおかしいと思いました。その日は2回チャリに乗って見事にその時間とマッチして乱れていた。

それに加えて平常時の心拍が飛ぶ飛ぶw  トン、で間が空いてのトン、トン、トン、また間が空いてのトン、トンって普通のリズムとは明らかに違う・・ 俗に言う不整脈ってやつね。ここまでくるとおかしく思えてくる。

そして先生からの診断は「突発性心房細動」。前回と同じ、but、悪化している。

来週の月曜に循環器の先生が総合病院から来るのでって心エコーの予約を取ることに。ま、そこからその先生のいる病院に転院か前に移された病院に転院となる運びになるはず。

遡って2014にもこれらの検査を受けています。動悸がたまに起こるからってのがきっかけだったけど、2014年の東京マラソンに出走することになったから余計慎重に調べてもらうこととなりました。
ホルター検査・心エコー・そして造影剤を入れての全身のCT検査もしています。それで血栓とかないか、完走するのに問題ないかを調べてもらいました。総合の先生に大丈夫と判断いただいたので、安心して出走し、完走もできました。
ちなみに2012年も完走しているけど、その時にはモーマンタイでした。ってか多少はあったのかもだけど、完走することに必死?で気にならなかったのかな・・・

中学の時の体育の時にも立っていられないほどの胸痛を少なくとも3度は経験した覚えがあります。思えば私の心臓が悪い兆候はかなり若い時からありました。

父方のおじいちゃんからの遺伝みたいで、父も心臓強くないです。母方からは喘息をもらっているので、胸のあたりの環境はすこぶる悪いことがよくあります。
喘息に関しては20歳頃に診断がついた「気管支喘息」。大人になってからのもタチ悪いです。発作は滅多に起こらないけど、苦しくなると「死んだ方がマシ!」なんて思うことはザラにありました。。

東京マラソン、また完走するのが夢だったのにな。。さすがに厳しそうだよね( ノД`)…

 

maymayへの応援ポチっとお願いします
(*´∀`)♪↓↓




タグ:
Next Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

0 shares