胸が苦しい出来事

ステージ4の肺がんを宣告された友達が1年半戦って、亡くなったことを知らされました。当初は10か月位しかもたないと言われていたのに、ほんとファイターでした。

私の辛かった時期にたくさん頼りにでき、いっぱい助言をくれたり、腹の怒りをおさえてくれたり、ほんとお世話になった人で。。その人のおかげでその時期を乗り越えられたといってもおかしくないほどでした。

聞き上手でアドバイスも的確で、時には怒ってもくれました。入り口は介護の仕事での同僚でしたが、仕事関係でなくよき友達にすぐなれる人でした。仕事でもとても献身的で、自分がガンに侵されてからも仕事は続け、高齢者の方の手となり足となりで、ほんと頭があがりませんでした。腕に癌が転移し、痛みに耐えながらも介助は欠かさず、病気を公にせず、笑顔も忘れない人でした。二人の息子さんにも愛情たっぷりだったこともちょくちょく話から伺えました。

最後に会った時はもう歩けないし、色々な不自由を強いられてました。でも私に見せてくれた姿勢はポジティブで、治療も普通の日々のルーティンのように話してくれてました。
強がってた部分もあったかもしれませんが、自分だったらそこまでできないなと尊敬でした。あるところまで来ると諦めなのか、麻痺してくるのか、その立場にならないと分かり得ないとは思いますが、あそこまで悟られないようにはできないと思いました。

何故か最後に会った日、別れるときには初めて握手を交わし、思えばそれもサインだったのかなと今になって感じます。ありきたりですが、「ほんとお疲れさまでした。そしてたくさんありがとう。出会えて本当に良かったです。」という言葉しかありません。
なんでほんとに惜しい人ばかりが急いで逝ってしまうのだろうかと、悔しい思いでいっぱいです。

私の叔父も現在長いことガンで闘病していますが、治療を拒み、QOLを重視し、自宅にいながら毎日を家族と大事に過ごしています。とても強い人だと思います。

私は色々問題はあるけど、死に至る致命的な状況からは遠いです。腫瘍などが暴れだしたら同じ方向に向かうかもしれませんが、それはまだしばらくはないと思っています。
精神的に弱れば、何を考え出すのかは未知数ですが、冷静で現実的でいられればどうにかコープするようにできると信じたいです。
私が消えたら困ってくれる人たちはいると思うので自分のペースを守りながら気をしっかりもってやっていきたいと思います。

明日もどんな1日になるのか分かりませんが、皆様が平穏な日々を過ごせますように。毎日感謝を忘れずに過ごしていきたいと思います。

 

maymayへの応援ポチっとお願いします
(*´∀`)♪↓↓

タグ:
Previous Post Next Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

0 shares